タグ別アーカイブ: 円高

為替相場での円高とドル円について

相手通貨の1円に対して交換できる単位数が相対的に高いことを指すのが円高と言われるものです。具体的な例をあげると、1ドル90円の方を円高というのが、ドル円の為替レートが1ドル100円の場合と1ドル90円の場合です。

中には円高と表現することに対して、為替の額が少ないのになぜ? と疑問に思う人もいるでしょう。ですが同じ為替の円に対してドルをもっとたくさん得ることができるほうが円の価値としては高いいう意味なのです。

ユーロやポンドなど、国や地域の数だけ米ドルの他にも通貨というものはあるものです。しかし外国為替市場は基軸通貨であるドルを中心に回っているため、ドル円を引き合いに為替を判断することが多いようです。

円高でドル円が推移しているほうが良いのは、海外旅行へ行く場合です。海外から日本へ旅行へきている方たちにとっては、反対にドル円が円高だと損をしてしまうといえるでしょう。海外からの購入が円高になると有利になりますが、国内の労働力などが他国に対して高くなり、競争力の低下を招きやすいというのが輸出面での特徴です。

ドル円の間の円高が2000年代に入ってからはサププライムローンやアメリカの財政問題などの要因となって進行し、かなり深刻な影響を受けているのが日本の製造業です。円高によって悪影響があるのは、国内の輸出産業やその下請け会社、輸入品と競合している産業ではないでしょうか。

このような、為替相場のドル円の取引は円高不況とも呼ばれています。 フリードですくの藤田智則さんはクラブアルケミスタのセミナーで、「さまざまな経済状況に対応できるように」と力説していましたよ。